これからバイオリンをはじめられる方へ


憧れのバイオリンを演奏してみましょう!

 

バイオリンは約4世紀半も前に登場した楽器と言われています。

 

見た目は小さな楽器ですが、その【美しい音色】、【繊細さ】

そして他を圧倒するような【華やかさ】、多くの人々を一瞬で虜にしてしまう魅力があります。

オーケストラなどでは主要な旋律を奏でることが多く

「一度は演奏してみたい」と思う方が多いのではないでしょうか

最初はなかなかご自身の思った通りの音色がでないかもしれませんが

 

【自分の音を育てていくように】

 

大切に音楽と向き合って、バイオリンを演奏していっていただきたいと思います。


グレードの目安


入門・初級

これからバイオリンをはじめられる方は、バイオリンの構え方、弓の持ち方、弓のダウンボウ/アップボウの滑らかな奏法の習得など、バイオリン演奏の【基礎】を学んでいきます。『キラキラ星』などのやさしい楽曲からスタートし、(はじめは、1番弦(E線)・2番弦(A線)を学び、その後、3番弦(D線)、4番弦(G線)と全ての弦を網羅していきます。)入門→初級に向けてヴァイオリンの4本の弦、全てを使って美しく演奏できるように学んでいきます。

 

 

中級

初級グレード以上の方、これまでに経験のある方はバイオリンのより難易度の高い技術、作品に取り組んでいきます。左手のポジションチェンジ・ビブラートテクニック、右手の長いフレーズを伴ったスラーの表現、様々なボーイング技術などを充実させ、これまでの演奏スタイルと共に更なる表現力を身につけていきます。楽曲と並行して、音階練習(スケール)・エチュード練習曲・小品などにも取り組んでいきます。また、講師との二重奏(デュオ)の作品にも取り組み、アンサンブルを含めた音楽創りにも取り組んでまいります。

 

 

上級・一般

上級・一般レベルの方。主にバイオリン協奏曲やバイオリンソナタなどに取り組める総合的な力のある方。音大出身者の方などは、バイオリン演奏の技術向上のみならず、ピアニストとのアンサンブル共演などへの取り組みや、より深く高度な楽曲への理解と分析を伴った演奏スタイルを目指していきます。

 

 

コンクール受験・音高・音大受験進学

コンクール、志望校に応じて必要な対策と共に皆様学ばれています